ジカ熱にびびる

ジカ熱にびびる

結構ショッキングな話題でした

最近もっぱらニュースで話題のジカ熱。私がニュースで見たのは、妊婦がジカ熱に感染し、出産した子供が小頭症だったという内容でした。確かに、映像を見ると赤ちゃんの頭が小さかったです。

 

 

 

そしてその国ではジカ熱が流行していた為、小頭症の子供が沢山いました。その映像を見て、正直ショックでした。

 

 

小頭症が及ぼす影響ですが、頭蓋骨が通常より異常に小さい為、脳に様々な損傷がおきてしまいます。死産する場合や、生まれてすぐに死亡する場合もあるのです。また脳が未発達のまま育ち、身体が適切に機能出来ない事もあります。

 

 

 

何故ジカ熱に感染した母から生まれた子供が小頭症になるリスクがあるのでしょうか?

 

 

大人にとってのジカ熱は、それほど怖い感染症ではない様です。軽度の発熱や発疹、結膜炎、筋肉痛・関節痛、倦怠感、頭痛、下痢・腹痛、嘔吐などの症状が一週間程続きます。よほど免疫が落ちている人以外なら、ジカ熱で死に至る様な事はありません。

 

 

 

検査して陽性なら解熱剤や鎮痛剤を投与します。そうすればきちんと回復するケースがほとんどです。しかし別の意味で言えば、ワクチン等の有効な治療薬がないので心配です。そして大した症状もなく治癒しないまま妊娠し、ウイルスが赤ちゃんに影響してしまいます。

 

 

 

とても恐ろしい事です。ジカ熱はブラジルで非常に拡大しているとの事ですが、アメリカ全土でも急速に広まっています。そしてジカ熱に感染した日本人が帰国後に発症し、国内初のジカ熱患者が確認されています。

 

 

 

もはやジカ熱は遠い国だけの騒ぎではないのです。更にジカ熱が脅威にさらされているのには、まだ理由があります。

 

 

 

以前は蚊に刺された事でジカ熱が発症し、女性の場合そのまま出産すると乳児に小頭症のリスクが高まるという事でした。

 

 

 

つまり蚊が媒介するだけだったのです。しかし近年では、性的な接触で人から人へ直接感染した例が確認されたのです。つまりジカ熱は性病でもあった訳です。ジカ熱が流行する場所への旅行は控える・・この程度では、この先ジカ熱は恐ろしく蔓延していくかもしれません。

 

 

 

早く良い解決策を打ち出してもらわないと、これから出産を控えている・又は希望する女性は、いつまでも安心できませんね。